阿爾弗雷德 · 傑爾 (1945-1997)
Alfred Gell (1945-1997)
アルフレッド・ゲル (1945-1997
)

英國社會人類學家,其最有影響力的工作涉及藝術、語言、象徵主義和儀式。在他1998年出版的《藝術與能動性(Art and Agency)》一書中,傑爾在歸納推理的基礎上提出了一個有影響力的藝術理論。傑爾認為:一般來說,藝術對其使用者起作用,也就是說,通過某種技術上的精湛,實現了能動性。藝術作品調節了社會。美學歸納邏輯是跨文化機制。

 

A British social anthropologist whose most influential work concerned art, language, symbolism and ritual. In his 1998 book Art and Agency, Gell formulated an influential theory of art based on abductive reasoning. Gell argues that art in general acts on its users, i.e. achieves agency, through a sort of technical virtuosity. The artworks mediate the social agency. The logical mechanism of aesthetical abduction is a transcultural one. 

イギリスの社会人類学者で、芸術、言語、象徴、儀礼に関わる最も影響力のある研究を行っている。 1998年に出版された『Art and Agency』で、ゲルは帰納的推論に基づいた有力な芸術理論を提示しています。 ゲルによれば、アートは一般的にユーザーに働きかけるものであり、つまり、ある種の技術的な熟練によってエージェンシーを獲得するものである。 芸術作品は社会を規制する。 美的誘導の論理は、異文化間のメカニズムです。

 

節譯自/Cited from/引用元Wikipedia contributors, "Alfred Gell," Wikipedia, The Free Encyclopedia, https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Alfred_Gell&oldid=998540325 (accessed November 30, 2021).

 

藝術是一個行動系統,旨在改變世界...以 "行動 "為中心的藝術方法......專注於藝術對象在社會進程中的實際調節作用,而不是把對象當作文本來解釋。」

 

I view art as a system of action, intended to change the world....The ‘action’-centred approach to art …is preoccupied with the practical mediatory role of art objects in the social process, rather than with the interpretation of objects ‘as if’ they were texts.” 

 

アートは、世界を変えるための行動のシステムである。... アートに対する「行動」中心のアプローチ ...... オブジェクトをテキストとして解釈するのではなく、社会的プロセスにおけるアートオブジェクトの実用的な節度に焦点を当てる。」

—《藝術與能動性》/ Art and Agency / 『アートとエージェンシー』