傅柯 (1926–1984)
Michel Foucault (1844–1900)
ミシェル・フーコー (1844–1900)

法國哲學家。傅柯以對社會機構的批評而聞名,主要是精神病學、醫學和監獄系統、對於性史的想法和發展、關於權力的總體理論、以及權力和知識之間的複雜關係。傅柯最初與結構主義有關,其後作品與後結構主義和後現代哲學有關。作為法國理論界的領先人物,他的作品在跨學科專業的學術界相當活躍。

 

A French philosopher. He is known for his criticism of social institutions, mainly psychiatry, medicine, and the prison system, and for his ideas and developments on the history of sexuality, his general theories on power, and the complex relationship between power and knowledge.  Initially associated with structuralism, Foucault produced a body of work that is now linked to post-structuralism and postmodern philosophy. A leading figure in French Theory, his work remains relatively fertile in the academic world beyond disciplinary specializations.

フランスの哲学者。主に精神医学、医療、監獄制度などの社会制度を批判するとともに、性の歴史、権力に関する一般的な理論、権力と知識の複雑な関係についての考え方や展開で知られる。 当初は構造主義と関連していましたが、現在ではポスト構造主義やポストモダン哲学につながる作品を生み出しています。フランス理論のを代表する人物であるフーコーの作品は、学問的な専門性を超えて、学術的にも比較的充実したものとなっています。

節譯自/Cited from/引用元Wikipedia contributors, "Michel Foucault," Wikipedia, the free encyclopedia, https://fr.wikipedia.org/w/index.php?title=Michel_Foucault&oldid=188259926 (Page accessed November 23, 2021).

 

「令我震驚的是,在我們的社會,藝術變成只與客觀物體有關的東西,而與個人主體及其生活無關。藝術被專門化,被視為是專家的事情。但是,為何一個人的生活不能成為一件藝術品?為什麼一座燈或房子可以是一件藝術品,而我們的生活卻不能?」

 

“What strikes me is the fact that in our society, art has become something which is related only to objects and not to individuals, or to life. That art is something which is specialized or which is done by experts who are artists. But couldn't everyone's life become a work of art? Why should the lamp or the house be an art object, but not our life” 

「私が気になったのは、現代社会では、アートはモノだけに関わるもので、個人や人生に関わるものではなくなっているということです。アートは専門的なものであり、アーティストである専門家によって行われるものであると。しかし、すべての人の人生が芸術作品になることはできないでしょうか?なぜ、ランプや家は芸術品であっても、私たちの生活は芸術品ではないのでしょうか?」

 

*
 

「既然自我並非被賦予,那麼只剩下一個實際的生命課題:我們必須將自己創造成一件藝術品。」

 

“From the idea that the self is not given to us, I think there is only one practical consequence: we have to create ourselves as a work of art.” 

「自己は与えられたものではないという考えから、現実的な帰結としては、自分自身を作品として創造しなければならないということしかないと思います。」

—《倫理學:主體性與真理》〈關於倫理學譜系:工作進行概述〉章、「從古典自我到現代主體」節。

      Ethics: Subjectivity and Truth (Section: FROM THE CLASSICAL SELF TO THE MODERN SUBJECT, in

     Chapter: ON THE GENEALOGY OF ETHICS: AN OVERVIEW OF WORK IN PROGRESS)

   《倫理: 主観性と真実》〈倫理学の系譜について:作業概要〉「古典的自己から現代的主体へ」